新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会
  • HOME »
  • 新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会

災害福祉広域支援セミナーを開催しました

     災害時における要配慮者の二次被害の発生を防止するための支援体制づくりとその必要性について共通の認識を形成し、行政、福祉関係者、地域が一体となった取組を促進することを目的に、災害福祉広域支援セミナーを開催しました。当日は、強風による交通機関等の乱れもあり、欠席者もありましたが、150人を超える多くの方々の参加をいただきました。
     セミナーでは、ネット協から「新潟県災害福祉支援チームについて」の説明、取組事例として三条市福祉保健部福祉課から「命を守り暮らしを支える避難所への取組」、また、株式会社富士通総研 名取直美氏から「公民協働でつくる災害福祉の体制づくり・人づくり」のご講演をしていただきました。大変ありがとうございました。

  •   セミナー開催要項(PFD)   セミナー参加申込書

 

新潟県と「災害時における要配慮者支援に関する協定」を締結しました

 

災害福祉支援チームについて

 県内13福祉関係団体で構成する「新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会」では、災害時において、避難所等に避難する要配慮者(高齢者や障害者など)の福祉的ニーズの把握や応急的ケアなどの活動を行う「災害福祉支援チーム」を設置しました。

チームの構成員

 チームは、協議会構成団体の会員施設・事業所等に勤務する者又は会員(原則として、福祉、保健、医療関係の資格等を有する者)であって、チーム員として活動することについて、勤務所属長から承認を受けた者をもって構成します。
 なお、構成団体に属していない場合であっても、チーム員を希望する旨の申出があれば、チーム員として活動することができます。

 

 

新潟県との協定によるチーム運用

 チームは、平成29年9月12日に締結した新潟県との協定に基づいて運用します。

 

チームの派遣

 チームは、原則として、行政からの支援要請を受けて被災地に派遣します。

チームの活動

 チームには、活動目的に応じた福祉専門職をチーム員として配置し、災害の初期から応急・復旧期において、災害発生後の時間的経過によって変化する福祉的ニーズに対応した支援活動を行い、避難生活に伴って生じる要配慮者の二次被害の発生を防止します。

 

チーム員の研修・訓練

 災害時の福祉支援活動等に必要な知識の習得や技術の向上を図るため、チーム員を対象とした研修・訓練を定期的に実施しスキルアップを図ります。

協議会の構成団体(平成26年3月設立)

新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会
事業者団体
  • 新潟県老人福祉施設協議会
  • 新潟県身体障害者施設協議会
  • 新潟県精神障害者社会福祉施設協議会
  • 新潟県社会福祉法人経営者協議会
  • 新潟県知的障害者福祉協会
  • 新潟県救護施設協議会
  • 新潟県社会就労センター連絡協議会
職能団体
  • 新潟県社会福祉士会
  • 新潟県介護福祉士会
  • 新潟県ホームヘルパー協議会
  • 新潟県介護支援専門員協会
その他の団体
  • 災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード
  • 新潟県社会福祉協議会(事務局)
オブザーバ
  • 新潟県 新潟県市長会 新潟県町村会

 

新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会
事務局:新潟県社会福祉協議会 Tel.025-281-5526
E-mail: n-saigainet@fukushiniigata.or.jp
新潟県災害福祉広域支援ネットワーク協議会

事務局:新潟県社会福祉協議会 Tel.025-281-5526

 
上へ戻る
広告 180×55 国際情報大学 新潟日報 長岡三古 社団法人 新潟県健康管理協会 第四銀行 Ecology Invest サマーエンジニアリング株式会社