災害救援活動

新潟県内社協における災害救援活動

新潟県内社協における災害救援活動に関する相互支援協定締結に向けての指針

近年、日本各地において大規模災害が頻発しています。 新潟県においても平成16年の7.13水害や新潟県中越大震災、平成19年の新潟県中越沖地震等、数多くの自然災害に見舞われてきました。 そのたびに県内の社会福祉協議会は、被災地の社会福祉協議会を主体とした災害救援活動を展開するため、職員の派遣等、相互に連携を図ってきました。

「新潟県内社協における災害救援活動に関する相互支援協定に向けての指針」は、過去の災害経験を踏まえ、”災害時における相互扶助の精神に基づく県内社協のネットワーク活動”をより強固にし、効果的な災害救援活動を実施することを目的に作られたものです。 この指針に基づき、先遣隊活動や、職員派遣の方法、また被災地社協・支援社協・県社協のそれぞれの役割を明確に示したことでよりよい支援活動が期待できます。

災害救援活動に関する相互支援協定締結社協におけるマニュアル

このマニュアルは、新潟県内の社会福祉協議会が締結する「社会福祉協議会における災害救援活動に関する相互支援協定」に基づく災害救援活動を効果的かつ円滑に実施するため、災害時及び平常時の取り組みに関する手順等をまとめた手引き書です。

日本青年会議所北陸信越地区新潟ブロック協議会との災害時相互協力協定

新潟県社会福祉協議会と日本青年会議所北陸信越地区新潟ブロック協議会は、新潟県内における災害時に相互が協力して、災害ボランティア活動などの被災者支援活動を効果的に行うことを目的に、「災害時相互協力協定」を締結しました。

 

上へ戻る
広告 180×55 国際情報大学 済生会 新潟日報 長岡三古 社団法人 新潟県健康管理協会 第四銀行 Ecology Invest