教員免許取得のための「介護等の体験」事業
  • HOME »
  • 介護講座 »
  • 教員免許取得のための「介護等の体験」事業

教員免許特例法に基づく「介護等の体験」事業

事業概要

 新潟県社会福祉協議会では、平成10年度以降、小学校・中学校の教員を目指して大学・短大に入学した学生に対して、福祉施設などでの「介護等の体験」が法律で義務づけられたことを受け、次の要綱で大学と福祉施設等との調整業務を始めました。

 「介護等の体験」の申込み期間や実施期間、対象年次等について制約がありますので「体験」を希望される学生の皆さんは、各大学の窓口に早めにご相談ください。

 ※本会では、個人からの直接申込は受け付けておりません。必ず大学の窓口を通してお申し込みください。

 

令和2年度 実施期間 : 令和2年5月11日(月)~令和3年1月29日(金)

 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、体験実施期間を原則10月以降へ変更します。
 令和2年度の実施期間は令和2年10月5日(月)~令和3年2月12日(金)とします。

   教育免許法の特例に伴う「介護等の体験」社会福祉施設等の受入調整実施要綱

 

 

令和3年度 実施期間 : 未定

令和3年度の受入調整は、実施時期を検討中です。

 

 

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe®ReaderTMが必要です。
右のアイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。Adobe Readerのダウンロード

福祉人材課

Tel 025-281-5526 / Fax 025-282-0548

上へ戻る
広告 180×55 国際情報大学 新潟日報 社団法人 新潟県健康管理協会 第四銀行 サマーエンジニアリング株式会社