お気軽にお問い合わせください

シニアカレッジ新潟

シニアカレッジ新潟について

学長挨拶

シニアカレッジ新潟(旧新潟県高齢者大学)は平成元年に設立し、9,493名の卒業生を輩出しています。
シニアカレッジ新潟では皆さんに学習の機会を提供し、仲間づくりや地域活動など様々なことに興味を持つことができるよう、様々なカリキュラムをご用意しております。
ぜひクラスメイトと友好を深め、その先にある楽しさを感じてもらえたら幸いです。
学んだことを社会に還元する、こんなに楽しいことはありません。
学びを地域に役立て、これからの社会に活用してほしいと願っています。

学長:石上 和男

『シニアカレッジ新潟』とは

平成30年度に開校30年を迎えた「新潟県高齢者大学」は、「シニアカレッジ新潟」と名称を変え、新たな一歩を踏み出しました。
学習の機会を提供することと併せて、仲間づくりや地域活動の担い手を養成することを目的として、平成元年に新潟県によって設立されました。
平成18年度、新潟県社会福祉協議会への業務移管を経て、これまでに延べ9,493人余の卒業生を輩出しています。
学長:石上 和男
副学長:河田 珪子

入学資格

新潟県内に居住するおおむね60歳以上の方で、学習の成果を地域活動に役立てるなど社会参加意欲のある方。

これまでの経緯

・平成元年度、新潟県において「新潟県高齢者大学」を設立。
・平成3年度から、財団法人新潟県長寿社会振興財団へ業務移管。
・平成18年度から、社会福祉法人新潟県社会福祉協議会へ業務移管。
・平成30年度から、「新潟県高齢者大学」から「シニアカレッジ新潟」へ名称を変更。

本学を修了すると

本学を修了した方には修了証書を授与します。
また、本学の講座は「いきいき県民カレッジ」に講座登録をしており、一定の単位を取得すると希望により、いきいき県民カレッジ学長(県知事)から奨励証が交付されます。

カリキュラムについてはこちら

申込はこちらから

同窓生の声

とにかく価値のある役に立つ大変有意義な2年間のシニアカレッジは私の生きがいでした。講義内容は幅広く飽きる事なく時間もちょうど良かったです。日常生活の中で身近に役立つもので情報と知識を学び友達もできましたね。人間一生勉強ですね。趣味で仲間と高齢者施設のボランティア慰問活動を続けていますが(令和2年度は新型コロナウイルス問題でほとんどありませんが)、受けたご恩を社会にお返しの真似事でもできればと思っております。(R2 基礎応用課程 卒業生)



私は60歳で定年退職し、実家がある新潟に戻ってきました。これからどのように生きていったらいいか模索していたところ、シニアカレッジで2年間学ぶことができました。今後の生き方や地域での活動、働き方などを考えるヒントをたくさんいただきました。また、クラスの皆様との様々な交流もとても有意義なものでした。学んだこと、広がった人脈を生かした活動をしていきたいと思います。(R2 基礎応用課程 卒業生)



上へ戻る